ワールドニュースフラッシュ

日本や海外で起こったニュースを主に取り扱っています。

    タグ:北朝鮮

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/12/09(土) 10:52:20.21 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000003-hokkaibunv-hok

    12月8日午後、函館湾で海上保安庁の立ち入り検査を受けていた北朝鮮の木造船が
    一時逃走する騒ぎがありましたが、北海道警は9日午前、乗組員3人を、窃盗の容疑で
    逮捕しました。

    被害があった松前小島では、電化製品や発電機など被害額が約1000万円に上っています。

    北朝鮮の船は、8日午後3時30分ごろ、函館湾で係留されていた巡視船から離れて
    突然、動き出しました。

    巡視船と繋がれていた数本のロープを勝手に切断して逃走したとみられ、巡視艇や
    ゴムボートが追跡し停止を呼び掛けたところ、木造船は約1時間後に停止しました。

    9日午前8時ごろ、巡視船の誘導を受け、函館港に接岸した木造船ですが、
    乗組員3人が降りる際、捜査員に抵抗するなどし騒然となりました。
    その後、身柄を拘束され、函館中央署に移送されました。

    警察は今回の逃走を受け、船の乗組員の逮捕状を取っていました。

    【【社会】北朝鮮の木造船、乗組員3人を窃盗容疑で逮捕。逮捕時、抵抗し騒然と。北海道 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2017/12/07(木) 22:40:58.22 ID:CAP_USER
    北朝鮮外務省は、米国と韓国による大規模な合同軍事演習や、
    先制攻撃をほのめかす米当局者らの発言を受けて朝鮮半島での戦争勃発が不可避になったと警告した。

    外務省報道官の声明を北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。

    報道官は、「残る問題は、いつ戦争が起きるかだ」とした。
    戦争を望んではいないがそこから逃げるつもりもないと述べたうえで、「米国がわれわれの忍耐力について見込み違いをし、
    核戦争の導火線に火をつければ、われわれの強力な核能力によって米国は高い代価を払うことになる」と威嚇した。
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/post-9064.php

    【【軍事】 北朝鮮が声明 「朝鮮半島での戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団 ★ 2017/12/07(木) 23:02:53.79 ID:CAP_USER9
    「北に先制核攻撃も辞さず」と言明した米国務省


    米国務省が「北朝鮮への核攻撃も辞さない」と言い切った。「対話の時ではない」と北朝鮮の平和攻勢を拒否する姿勢も打ち出した。
    国務省のアダムス報道官(東アジア太平洋担当)が12月5日、以下のように語りました。

    トランプ(Donald Trump)大統領が優先順位の最上位に置くのは米国の本土と準州、そして同盟国を北朝鮮の攻撃から守ることだ。
    米国は通常兵器と核兵器のありとあらゆる能力を動員し、同盟国である韓国と日本を防衛するとの約束を完全に履行する。

    米政府が運営するVOAの質問に答えました。
    報道官の発言(英語)は次の通りです。

    The President’s top priority remains protecting the homeland, U.S. territories, and our allies against
    North Korean aggression. We remain fully committed to the defense of our allies, the Republic of Korea and Japan,
    using the full range of our conventional and nuclear capabilities.

    VOAの「北朝鮮による米本土を攻撃する能力を阻止するために、最終的な手段として先制攻撃する可能性はあるか」との質問に
    「通常兵器も核もすべて動員する」と答えたのです。

    米政府が「核も使って先制攻撃する」と言明したのは初めてです。

    9月19日の国連演説でトランプ大統領が「totally destroy」(完全に破壊する)と核の使用を示唆したことはありましたが、
    「核」という言葉を使って北朝鮮を脅したことは、私の知る限りありません。

    鈴置高史 日本経済新聞社編集委員
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/120600143/

    【【国際】 米国務省 「北朝鮮への先制核攻撃も辞さない」 】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2017/12/07(木) 13:31:21.68 ID:CAP_USER9
    武装工作員が北海道に"侵入" 想定訓練 陸自と警察合同 北海道旭川市
    2017年12月7日12:27

    北海道旭川市で12月7日、武装した工作員が北海道に侵入したことを想定し、
    自衛隊と警察による共同訓練が行われています。

    訓練に参加しているのは、陸上自衛隊第二師団の隊員と道警旭川方面本部の警備隊員ら約60人です。

    武装工作員が北海道に侵入したことを想定し、警察官と自衛隊員がそれぞれ
    空路と陸路で現場に急行する緊急対応をシミュレーションしました。

    緊急事態の際には、自衛隊の制圧部隊が装甲車などで現場に向かうことが想定されることから、
    訓練ではパトカーが先導して交通整理を行いながら移動する手順を確認しました。

    自衛隊と警察は、緊急時にスムーズな連携がとれるよう、訓練を通じて相互理解を深めたいとしています。

    北海道ニュースUHB
    https://uhb.jp/news/?id=3302

    【【北海道】武装した工作員が北海道に侵入したことを想定、陸自と警察が共同訓練…旭川市 】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2017/12/05(火) 08:12:45.75 ID:CAP_USER9
    「敵基地攻撃能力も」ミサイル購入方針
    12/5(火) 1:06
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171205-00000342-fnn-pol

    敵基地攻撃が可能なミサイルの予算計上へ。
    FNNの取材で明らかになった。
    韓国の基地から飛び立つ、アメリカの「F-22」ステルス戦闘機。
    今回の米韓合同軍事演習には、過去最大規模の230機余りが参加。
    これに対し、北朝鮮の朝鮮中央テレビは2日、「(演習は)朝鮮半島の一触即発の事態を再燃させるものだ」と報じた。

    こうした中、日本政府が、敵基地攻撃も可能なミサイルを、初めて保有する方針を固め、購入に必要な経費を、2018年度予算案に計上することが、FNNの取材で明らかとなった。

    将来的に保有する方針のミサイルの中で注目されるのは、航空機から地上の目標へ発射される、空対地ミサイル「JASSM-ER」。
    このミサイルの最大射程は、およそ1,000kmで、これは新潟から北朝鮮本土まで届く距離。
    フジテレビ・能勢伸之解説委員は「こういう長距離の巡航ミサイルを検討するということ自体、本当に北朝鮮をにらんでとしか言いようがない」と話した。
    JASSM-ERが導入されると、たとえば敵のレーダーが届かない日本海中部から、敵の基地への直接攻撃も可能となる。

    日本政府はこれまで、相手から攻撃を受けたときに、最小限度の防衛力を行使することができるという、専守防衛との兼ね合いで、敵基地攻撃能力の保有は控えてきた。
    しかし、小野寺政調会長代理(当時)は2017年3月、「(2発目、3発目を)撃ってくる策源地に対して、反撃をして、そこを無力化することが、ミサイル防衛では大変重要なことではないか」と述べていた。

    北朝鮮による複数のミサイル同時発射への対処として、敵基地攻撃能力の保有が必要との考えが浮上。
    現状では、日本の「F-15」戦闘機などには搭載できず、機体の補強やシステムの改修などが必要だが、
    反撃能力の保有となれば、憲法違反との野党からの批判や、中国の反発も予想され、今後、論議を呼ぶとみられる。 

    ★1=2017/12/05(火) 01:40:20.22

    https://www.fnn-news.com/sp/news/headlines/articles/CONN00378342.html
    no title


    ※前スレ
    【日本政府】「敵基地攻撃も可能な」ミサイルを、初めて保有する方針を固める…新潟から北朝鮮本土まで届くJASSM-ERに注目
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512405620/

    【【日本政府】「敵基地攻撃も可能な」ミサイルを、初めて保有する方針を固める…新潟から北朝鮮本土まで届くJASSM-ERに注目 】の続きを読む

    このページのトップヘ