ワールドニュースフラッシュ

日本や海外で起こったニュースを主に取り扱っています。

    カテゴリ:東アジア > 台湾

    1: 天麩羅油 ★ 2017/12/02(土) 14:37:27.12 ID:CAP_USER9
    「優秀な人材が欲しければ、それに見合う対価を払う」ファーウェイCEOの発言が話題に 「聞いているか日本の経営者よ」

    中国の大手通信機器メーカー「ファーウェイ」のリチャード・ユーCEOが語った、

    「優秀な人材が欲しければ、それに見合う対価を払わなければなりません」

    という一言が話題になっている。11月28日の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)で放送されると、ツイッターでは「聞いているか日本の経営者よ」などとツイー

    以下ソース
    https://news.careerconnection.jp/?p=44023
    ウェブ媒体やテレビ番組等で記事を引用する際は恐れ入りますが「キャリコネニュース」と出典の明記をお願いします。
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512188010/

    【Huawei「優秀な人材が欲しければ、それに見合う対価を払う」「初任給は40万円くらいで、日本から人を引き抜くときは3000万円くらい】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/30(木) 00:00:02.47 ID:CAP_USER
    台湾の沈栄津・経済部長(経済相)は29日、ガソリン車から電気自動車(EV)への全面移行の検討を始めたと明らかにした。台湾では有力ベンチャー、Gogoro(ゴゴロ)がけん引し電動バイクの普及が進展。まず2030年をメドにバイクでの全面移行を先行して実現し、さらに自動車にも対象を広げる方針を示した。

     沈氏が29日に立法院(国会)で記者団の取材に応じた。週内にも具体的な議論を始めるという。フランスや英国は既に40年以降、ガソリン車やディーゼル車の販売を禁じると表明。中国もこうした流れに追随する方向だ。沈氏は「関連する商機やサプライチェーンの構築についても議論する」とし、環境対策だけでなく、産業育成のチャンスになると強調した。

     中国の台頭で主力のIT(情報技術)産業の先行きに不透明感が出るなか、電動バイクは台湾の期待の星になっている。スマートフォン(スマホ)大手、宏達国際電子(HTC)出身のホレイス・ルーク最高経営責任者(CEO)が率いるゴゴロが15年6月に参入。街なかに電池交換のステーションを設置するシステムが好評で、普及が加速している。

     16年の電動バイクの新規登録台数は約2万1千台と前年比約2倍に増えた。当局はこれを17年に4万台、21年には20万台に引き上げる方針で、さらに世界展開を後押ししてITに続く輸出産業に育てる構想を持つ。

     台湾の人口は2300万人と多くないが、バイクの登録台数は1300万台と、普及率は世界有数の高さと言われる。経済部は電動バイクへの全面移行が実現すれば、自動車についても移行環境が整うとみる。台湾の自動車の年間販売台数は約43万台。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24039400Z21C17A1FFE000/

    【【EV】台湾、EV全面移行を検討 30年にも、まずバイクから 】の続きを読む

    このページのトップヘ