ワールドニュースフラッシュ

日本や海外で起こったニュースを主に取り扱っています。

    カテゴリ:ヨーロッパ > イタリア

    1: Egg ★ 2017/12/04(月) 22:05:28.38 ID:CAP_USER9
    中国代表を率いるマルチェロ・リッピ監督は、母国のイタリア代表がロシア・ワールドカップ(W杯)で予選敗退に終わったのは異常事態であるとして、伝統国は予選なしで本大会に出場できることが望ましいという主張を展開した。

    中国『PPTV』に語ったとして、英メディア『フォー・フォー・ツー』などが伝えている。

     リッピ監督が率いた2006年大会も含め、W杯で4度の優勝を誇る伝統国イタリアだが、ロシア大会予選ではまさかの敗退。スペインと同居したグループを2位で終えたことでプレーオフに回り、そこでスウェーデンに敗れての敗退となった。

     欧州ではイタリアのほか、オランダも予選敗退に終わった。「イタリアとオランダがW杯予選突破を逃すというのは、きわめてあり得ないはずのことだ」とリッピ監督は話している。

    「そういう事態を避けるという意味で、FIFAが計画している48チームへのW杯拡大は道理にかなっている」と同監督は述べ、「欧州の8チームと南米の8チームは自動的にW杯に出場できるようにするべきだと思う」と主張した。

    「そういった強いチームがいないW杯は不完全なものだ。伝統的な強豪国がW杯の歴史を築いてきたという事実は尊重しなければならない。アルゼンチンも最終節での予選突破だった。(リオネル・)メッシのいないW杯が想像できるだろうか」

     W杯は2026年大会より出場国が48チームに拡大されることが決定している。2002年大会以降予選を突破できていない中国代表については、「2026年には出場できることを願っている。私はその時82歳だ。だが予選突破が2030年になったとしても、杖をついてでも祝福するつもりだ」とリッピ監督は話している。

    写真
    no title


    12/4(月) 20:43配信フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171204-00244687-footballc-socc

    【【サッカー】<中国代表を率いるマルチェロ・リッピ監督>「伝統国は予選免除でW杯に出場するべき」 】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2017/11/30(木) 11:44:33.07 ID:CAP_USER9
    【海外発!Breaking News】地下室に10年間監禁 性的暴行の末、2児を出産した29歳女性が救出される(伊)

     「女性に対する暴力撤廃の国際デー」であった11月25日、この日は世界各国で様々な集会が行われたほか、フランスではマクロン大統領が国内における対策を発表したことなどが話題となった。
     だが残念なことに女性に対する暴力や虐待は、インドやアフリカのようにあからさまな性差別がはびこる国や地域だけでなく世界中で発生している。
     このほどイタリア南部ジッツェリーアでも19歳だった女性を10年間地下室に閉じ込め、性奴隷のように扱っていた52歳の男が逮捕された。

     『La Repubblica.it』『Il Quotidiano del Sud』などイタリアの複数メディアによると、2007年にルーマニアからやって来た当時19歳の女性が男の家族の介護人として雇われた。
     だが介護を担当していた家族の死後、女性は男から身体的そして性的に暴力を振るわれるようになり、同時に地下室に監禁されることとなった。
     女性が逃げ出さないように地下室の扉は鎖で固定され、ベッドはダンボール製、水道やトイレはなく代わりにゴミ箱が置かれるなど劣悪な環境の下、彼女は男から日常的に暴力を受け続けた。
     時に女性は重傷を負うほどであったが、傷口はなんと釣り糸で縫われていたという。

     このような異常な生活の中で、女性は男との間に男児(現在9歳)と女児(現在3歳)を出産した。妊娠中や出産の時も医師に診てもらうことなく、地下室での出産を強制されている。

     10年間明るみに出ることのなかったこの事件が発覚したきっかけは、警察の交通取締りであった。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    Techinsight 2017年11月30日 10時55分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13961421/

    【【イタリア】地下室に10年間監禁 性的暴行の末、2児を出産した29歳女性が救出される  】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/11/27(月) 19:04:40.20 ID:CAP_USER9
    ミランは27日、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任を発表した。クラブの公式ツイッターアカウントで発表した。

    後任を務めるのは、プリマヴェーラの指揮をとっていた、クラブOBのジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が就任する。

    今夏大型補強を敢行したミランだが、これまでセリエA14節を終えた段階で、6勝2分6敗で勝ち点は20。順位も7位で、首位のナポリにはすでに「18」ポイント差をつけられていた。

    11/27(月) 18:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000020-goal-socc

    写真
    no title

    【【サッカー】<ACミラン>モンテッラ監督を電撃解任…後任はOBのガットゥーゾ氏に 】の続きを読む

    このページのトップヘ