ワールドニュースフラッシュ

日本や海外で起こったニュースを主に取り扱っています。

    カテゴリ: 東アジア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 記憶たどり。 ★ 2017/11/29(水) 11:47:58.40 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171129/k10011239531000.html

    北朝鮮の国営メディアは、日本時間の29日午後0時半から「重大報道」を行うと、予告しました。
    内容は明らかにしていませんが、北朝鮮が29日朝早く西部から日本海に向けて発射し、
    日本の排他的経済水域内に落下したと見られる弾道ミサイルに関する発表の可能性があります。

    【【宣戦布告か?】北朝鮮国営メディア、午後0時半から重大報道を予告 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/29(水) 06:52:54.51 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASKCY21MSKCYUTFK003.html

     北朝鮮による弾道ミサイル発射について安倍晋三首相は29日朝、首相官邸で記者団に「国際社会の一致した平和的解決への強い意思を踏みにじり、このような暴挙を行ったことは断じて容認できない。北朝鮮に厳重に抗議した」と語り、国連安全保障理事会に緊急会合の開催を要請する考えを明らかにした。

     首相は「飛行状況を踏まえればICBM(大陸間弾道ミサイル)級と思われる」との認識を示し、「政府としてはミサイルの動きを完全に把握し、危機管理に万全の態勢をとった」と強調した。

     そのうえで、国際社会が北朝鮮への制裁措置を完全に履行する必要性を指摘。「我が国はいかなる挑発行為にも屈することなく、圧力を最大限まで高めていく。引き続き、強固な日米同盟のもと、高度の警戒態勢を維持し、国民の命と平和な暮らしを守り抜く」と述べた。

     また、小野寺五典防衛相は同日朝、防衛省で2回目の取材に応じた。小野寺氏は、通常の角度で発射された場合の射程は5500キロをはるかに超えるとし、「ICBMと判断するべき能力だ」と断定した。

    no title

    【【いよいよ開戦か?】【北朝鮮ミサイル発射】安倍首相、安保理緊急会合要請へ 「暴挙、容認できぬ 厳重に抗議」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 記憶たどり。 ★ 2017/11/27(月) 14:07:17.04 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000032-asahi-soci

    秋田県男鹿市野石の宮沢海水浴場に26日、木造船が漂着し、船内から8人の遺体が
    発見されたことが27日、秋田海上保安部への取材でわかった。同海保が船籍や、
    遺体の身元などを調べている。

    同海保によると、木造船が26日午前8時半ごろ、海岸から30~50メートル沖合を
    漂流しているのを近所の住民が発見。その後、海岸へ打ち上げられた。

    男鹿市から南に約70キロ離れた同県由利本荘市には23日、「北朝鮮から来た」と話す
    8人の男性を乗せた木造船が漂着している。

    【【社会】漂流の木造船から8人の遺体を発見。秋田県男鹿市の海岸 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2017/11/25(土) 20:30:59.01 ID:CAP_USER9
     アメリカのサンフランシスコ市が従軍慰安婦像を公共物として受け入れると決めたことに対し、大阪市の吉村市長は姉妹都市関係を解消して民間交流への補助金もやめる考えを示しました。

     「信頼関係は完全に破壊されたと思いますので、サンフランシスコ市との姉妹都市を解消する」(大阪市 吉村洋文市長)

     大阪市の吉村市長によりますと、姉妹都市であるサンフランシスコ市のリー市長は中国系市民団体が建てた従軍慰安婦像を市の公共物として受け入れる決議案を22日承認し、23日に「慰安婦像については交渉の余地はない」と伝えてきたということです。これを受けて吉村市長は24日朝、姉妹都市関係を解消したうえで民間交流への補助金についてもやめる考えを示しました。

     「民間のお金で交流するのは続けてもらったらいいと思いますが、大阪市民の税を投入することはしないと考えています」(大阪市 吉村洋文市長)

     吉村市長は大阪市議会の意思表示などを確認したうえで、年内にも関係解消の手続きを完了させたいとしています。

    配信11/24 12:27
    MBSニュース
    http://www.mbs.jp/news/kansai/20171124/00000019.shtml

    【【大阪】姉妹都市解消後に「民間交流の補助金もとりやめ」 吉村大阪市長 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2017/11/25(土) 07:57:04.99 ID:CAP_USER
    観光庁がまとめた2017年7ー9月期の訪日外国人消費動向調査によれば、日本を訪れた中国人旅行客のうち、全体の42.6%が2回目以上の訪日だった。中国はまだ海外旅行をしたことのない人も多く、人口も多いため、初めての訪日だったという中国人が5割を超えているのは当たり前のことであり、まだまだ伸び代があることを示すと言える。むしろ4割以上がリピーターとして訪日していることの方が特筆すべき事実と言えるだろう。

     中国人旅行客の旺盛な消費は日本のみならず韓国も渇望しているが、中国人旅行客の「リピート率」を比較してみると、一部統計によれば日本は6割を超えているのに対し、韓国は4割を切っている。しかも、日本のリピート率は上昇傾向にあるのに対し、韓国の場合は低下しているのだという。なぜ韓国は中国人旅行客のリピート率が低いのだろうか。

     中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客の多くは「また訪日したい」と願うと伝える一方、韓国を訪れた中国人は「もう訪れたくない」と感じてしまうと伝える記事を掲載し、中国人ネットユーザーたちが議論を交わしている。

     記事は、1人の中国人ネットユーザーの見解として「友人たちの多くが海外旅行を楽しんでいるが、日本を訪れた友人たちの多くは日本再訪を考えているようだ」とする一方、韓国を訪れた友人たちは「再訪どころか、『韓国はまあまあだった』としか言わない」と伝え、この違いは一体何なのかと疑問を投げかけた。

     これに対し、日本と韓国の両国を訪れたことがあるというネットユーザーから「日韓両国はぜんぜん違う国」であり、韓国は化粧品やファッション関連の製品は非常に安いが、都市部はそれなりに現代化が進んでいるものの、伝統的な観光資源は少なく、観光地としての魅力が薄いという意見があった。

     また、観光という観点から見れば「日本は韓国を圧倒している」とし、京都のように伝統が色濃く残る都市では「中国ではもう見られなくなった唐の時代の文化を堪能できる」と指摘。それでいて環境は美しく整然としていて、北は北海道から南は沖縄まで観光地が多いうえに、美食や温泉といった観光資源も魅力的だとし、「自分は日本と韓国のどちらを選ぶかといえば、日本を旅したい」という意見もあった。

     記事には多くのネットユーザーから日本の魅力を熱く語るコメントが数多く寄せられているのが印象的だ。その多くが「訪日する前は日本に対して良い印象はなかったが、訪日して対日観が一変した」といった意見であり、日本旅行の期待値がもともと大して高くなかっただけに、良い意味で期待を裏切られたという意見もあった。

     さらには「まだ日本滞在中だが、すでに次の日本旅行の計画を立てているところ」というコメントも見られ、中国人にとっての日本旅行の満足度が非常に高いことが見て取れた。一方、韓国旅行については「普通だった」、「買い物しかすることがないから、もう行かない」という意見が多く、中国人にとっては良い意味で期待を裏切るような感動や驚きがないという声が多かった。

    2017年11月24日 22時12分 サーチナ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13937590/

    【【中国】<中国人旅行客>「韓国へはもう行きたくない」が「日本にはまた行きたい」「日韓両国はぜんぜん違う国」 】の続きを読む

    このページのトップヘ