ワールドニュースフラッシュ

日本や海外で起こったニュースを主に取り扱っています。

    カテゴリ: ヨーロッパ

    1: プティフランスパン ★ 2017/12/08(金) 15:30:46.24 ID:CAP_USER9
    ロンドンの実在しないレストラン、口コミ旅行サイトで格付けトップに
    2017年12月8日 11:02 発信地:ロンドン/英国
    http://www.afpbb.com/articles/-/3154626
    no title

    スペイン・マドリードで行われた世界の観光推進組織が集まるイベントに参加したトリップアドバイザーのブース(2014年1月22日撮影、資料写真)(c)AFP/GERARD JULIEN

    【12月8日 AFP】ロンドンで「最も行きたい」レストランに格付けされた、裏庭の物置小屋を改装したレストランが実は存在していなかったことが分かった。
    世界最大級の口コミ旅行情報サイト「トリップアドバイザー(TripAdvisor)」が7日、明らかにした。

     ロンドン南部の裏庭レストラン「ダリッジの小屋(The Shed at Dulwich)」は、招待された客に
    「情欲・ウサギの腎臓のトーストのせ」、
    「共感・ビーガン向けアサリのスープ」、
    「熟考・分解されたアバディーンビーフシチュー(Aberdeen stew)」
    など、気分や感情を表す単語から考え出されたメニューを写真付きで紹介した。
    しかし実際には、漂白剤の錠剤、シェービングクリーム、光沢仕上げ塗料、さらには人の足に載せた目玉焼きなどを撮影して作った写真だったという。

     読者をいたずらニュースで面白がらせる目的で運営されているウェブサイト「vice.com」の寄稿者でフリーランス・ライターのオオバー・バトラー(Oobah Butler)氏は
    「ある日小屋の中で急に思いついたんだ。偽情報があふれる中、偽レストランもあっていいだろう、と。」

    「ダルウィッチの小屋」は掲載当初、格付けが最低の1万8149位だったが、複数のコンピューターからトリップアドバイザーの監視をくぐり抜けて寄せられた偽のレビューのおかげで人気が上昇した。

     同レストランは掲載から6か月でロンドンのレストランの中で1位にランク付けされ、予約したい客や広告会社、メディアの取材などの依頼が殺到。
    仕方なく「開店」し客を安価なスーパーの調理加工済み食品でもてなしたという。

    【【ロンドン】実在しないレストラン、口コミ旅行サイトで格付け1位に…予約が殺到し、仕方なしに「開店」し客をもてなす 】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/07(木) 14:02:03.21 ID:CAP_USER9
    ドイツ、揺れる環境大国 脱温暖化目標未達の危機 再生エネ強化で電気料金高騰
    2017.12.7 08:50
    http://www.sankei.com/smp/world/news/171207/wor1712070015-s1.html

     【ベルリン=宮下日出男】“環境大国”のドイツが揺れている。「エネルギー転換」政策の下、再生可能エネルギーを大幅に普及させてきたが、温室効果ガス削減目標の達成は困難な情勢で、対応をめぐる議論はアンゲラ・メルケル首相が次期政権樹立でつまずく一因となった。膨らんだ電気料金もなお重くのしかかる。

     11月中旬、独西部ボンで行われていた気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)。登壇したメルケル氏の言葉は歯切れが悪かった。
     「気候変動は世界の運命にかかわる問題」。対策の重要性を訴える一方、こうも漏らした。「計画を具体的な手段で達成するのはドイツでも容易でない」
     ドイツは温室ガスの排出を2020年に1990年比で40%削減する目標を掲げ、再生エネも発電量の約3割を占めるまで普及した。だが、追加策がなければ、20年の削減は30~31%にとどまると民間機関が試算するなど、目標達成は難しいとの見方が強まっている。
     「環境保護の先駆者としての名声に打撃」。独メディアが10月に報じた政府の内部文書は、大幅に目標を割り込む可能性に強い危機感を示していた。
         ◇
     「“環境宰相”は過去のもの」(環境保護団体)。COP23では目標達成への具体策を示さないメルケル氏に厳しい声も出た。だが、対策は当時、政権樹立に向けて山場を迎えた3党連立協議で難民対策と並ぶ主要な対立点で、メルケル氏は踏み込めなかった。
     ドイツでは褐炭を含む石炭がなお発電量で最大の約4割を占める。環境政党の90年連合・緑の党は対策の一環に石炭火力発電20施設の早期廃止を主張。だが、メルケル氏の保守系政党や中道の自由民主党は「最大でも10施設」と対立した。
     再生エネの生産は天候に影響されるため、同時に安定的な供給源を確保しておくことは不可欠。しかもドイツは22年に原発をすべて停止させる方針だ。「『脱原発』する中では過渡的技術として化石燃料は必要だ」。安定供給を重視する自民党のリントナー党首はメルケル氏の折衷案も受け入れず、連立協議の離脱を11月、表明した。

    【【環境大国】ドイツ、揺れる環境大国 脱温暖化目標未達の危機 再生エネ強化で電気料金高騰 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/04(月) 22:05:28.38 ID:CAP_USER9
    中国代表を率いるマルチェロ・リッピ監督は、母国のイタリア代表がロシア・ワールドカップ(W杯)で予選敗退に終わったのは異常事態であるとして、伝統国は予選なしで本大会に出場できることが望ましいという主張を展開した。

    中国『PPTV』に語ったとして、英メディア『フォー・フォー・ツー』などが伝えている。

     リッピ監督が率いた2006年大会も含め、W杯で4度の優勝を誇る伝統国イタリアだが、ロシア大会予選ではまさかの敗退。スペインと同居したグループを2位で終えたことでプレーオフに回り、そこでスウェーデンに敗れての敗退となった。

     欧州ではイタリアのほか、オランダも予選敗退に終わった。「イタリアとオランダがW杯予選突破を逃すというのは、きわめてあり得ないはずのことだ」とリッピ監督は話している。

    「そういう事態を避けるという意味で、FIFAが計画している48チームへのW杯拡大は道理にかなっている」と同監督は述べ、「欧州の8チームと南米の8チームは自動的にW杯に出場できるようにするべきだと思う」と主張した。

    「そういった強いチームがいないW杯は不完全なものだ。伝統的な強豪国がW杯の歴史を築いてきたという事実は尊重しなければならない。アルゼンチンも最終節での予選突破だった。(リオネル・)メッシのいないW杯が想像できるだろうか」

     W杯は2026年大会より出場国が48チームに拡大されることが決定している。2002年大会以降予選を突破できていない中国代表については、「2026年には出場できることを願っている。私はその時82歳だ。だが予選突破が2030年になったとしても、杖をついてでも祝福するつもりだ」とリッピ監督は話している。

    写真
    no title


    12/4(月) 20:43配信フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171204-00244687-footballc-socc

    【【サッカー】<中国代表を率いるマルチェロ・リッピ監督>「伝統国は予選免除でW杯に出場するべき」 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団 ★ 2017/12/03(日) 23:47:57.02 ID:CAP_USER9
    ロシアのラブロフ外相は3日までのベラルーシのテレビ局のインタビューで、
    朝鮮半島で戦争が起きれば最初の犠牲になるのは日本人や韓国人だと述べ、
    米韓合同軍事演習などで北朝鮮に軍事圧力をかける米国に自制を促した。ロシア通信が報じた。

    ラブロフ氏は「平壌の核・ミサイル開発の火遊びを非難する一方で、米国の挑発的行動も非難しないわけにはいかない」と指摘。
    残念ながら米国は、日本人や韓国人も同じ方向に引きずり込もうとしているが、戦争の解決で最初の犠牲になるのは彼らだ」と語った。

    4~8日に予定されている米韓共同訓練も「金正恩(朝鮮労働党委員長)への意図的な挑発だ」とし、
    北朝鮮が11月29日に新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射したのも、金氏が挑発に対し抑えが利かなくなった結果との見方を示した。
    http://www.sankei.com/world/news/171203/wor1712030042-n1.html

    【【ミサイル】 ロシアのラブロフ外相 「朝鮮半島で戦争が起きれば最初の犠牲になるのは日本人や韓国人だ」 】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/03(日) 07:37:07.54 ID:CAP_USER9
    英ロンドンで酸を使った襲撃が増加、高まる不安
    2017年12月2日 17:07 
    http://www.afpbb.com/articles/-/3153902

    【12月2日 AFP】配達の仕事をしていたジェーブド・フセインさんはある夜、ロンドン東部の街角で信号待ちをしていたところを2人組に襲われ、顔に酸をかけられて乗っていたバイクを盗まれた。
     ロンドンでは酸を使った襲撃が毎年数百件起きており、政府が対策に乗り出している。警察も酸攻撃の急増に対処するため、一般市民に協力を呼び掛けている。

     ロンドン市内での酸による襲撃は、2014年の166件から、15年には261件、昨年は454件に急増している。
     フセインさんはヘルメットをかぶっていたため顔は保護され、外見的な傷は残っていない。
     だが、先月、ロンドン北東部で襲われたピザ配達のドライバーはそれほど運が良くなかった。このドライバーの男性はヘルメットのバイザーを上げていた際に酸をかけられ、重体となっている。(c)AFP/Rosie SCAMMELL

    【【新たなテロ】英ロンドンで酸を使った襲撃が増加、高まる不安 】の続きを読む

    このページのトップヘ