ワールドニュースフラッシュ

日本や海外で起こったニュースを主に取り扱っています。

    カテゴリ: 宇宙

    1: しじみ ★ 2017/11/25(土) 22:18:00.92 ID:CAP_USER
    宇宙エレベーター協会は、地上と静止軌道とを3万6,000km以上のテザー(ケーブル)でつなぐ宇宙輸送機関
    「宇宙エレベーター」の実現に向け、2018年9月に米ネヴァダ州で技術競技会を行う「GSPEC」計画について中間報告を行った。
    地上3,000メートルの高さに係留気球(テザードバルーン)を掲揚し、
    国内よりも高高度での宇宙エレベーター昇降機のモデルの技術実証を目指す。

    宇宙エレベーター協会では、ロボット技術者も参加して米ネヴァダ州で2017年9月に宇宙エレベーター実証の予備調査を行った。
    テザーで結ばれた地上と宇宙空間を昇降機が往復することで、
    ロケットよりも大量の物資や人員を安定的に安価に輸送する手段を実現することが宇宙エレベーターの目的だ。
    宇宙エレベーター協会では、この宇宙エレベーターの地上サイドの技術開発に向け、
    2009年から気球で吊るしたケーブルを宇宙エレベーターに見立て、実証実験を行ってきた。
    国内外を合わせて大学の工学系研究室や社会人など20チーム程度が実証実験に参加し、
    2013年には高度12,00mまでの昇降を実現している。だが、日本国内では法的な制限からより高高度の実証は実現できない。
    そこで、民間ロケットの実験なども行われる米ネヴァダ州のブラックロック砂漠へ実証の場を移し、
    世界の宇宙エレベーター研究者に呼びかけて昇降実験を行いたいとしている。2019年には10,000m、
    2020年には20,000mの昇降を実現したい考えだ。

    すでに2016年より、IAA(国際宇宙航行連盟)の協力の元に、高高度での実証実験の予備調査を行ってきた。
    地上付近での風速や、月の砂(レゴリス)よりも細かいパウダー状の砂が吹き付ける砂漠の環境について知見を蓄積し、
    実証フィールドを実現していく考えだ。
    「宇宙エレベーターチャレンジ(SPEC)」にGlobal、Gravityなどを想起させる「G」を加え、
    「GSPEC」と名づけられた宇宙エレベーター実証実験会では、ロボットを用いた惑星探査の基礎実証も行われる予定だ。
    月や火星など個体惑星にも建造可能である宇宙エレベーターの性質を活かし、上空から探査ロボットを放出して安全に着陸させるロボットの技術開発を目指す。

    JSEAの大野修一会長は「宇宙エレベーターは宇宙で利用できる機械工学技術(宇宙メカトロニクス)の取り組みでもある。
    GSPECでは、ネヴァダ州のブラックロック砂漠でこれまで長年にわたり模擬人工衛星CanSatの打ち上げ競技会を行ってきたAERO-PACとも協力していく。
    高高度の係留気球からの通信技術など、実現に向けて必要な技術が多くある。
    宇宙を目指す環境での技術開発に挑みたい企業、研究者などに参加してほしい」と目標を述べた。

    〈宇宙でロボットがテザー上を移動〉
    同日、静岡大学、日本大学、大林組による超小型衛星を使った宇宙エレベーター模擬実証衛星「STARS-Me(スターズミー)」の情報が公開された。
    静岡大学を中心としたチームでは、10cm四方の超小型衛星キューブサットを利用し、
    宇宙エレベーターで使われるテザーの宇宙空間での展開技術や挙動の調査を行っている。
    2016年にはテザーの展開実験を行うための「STARS-C」と名付けられたキューブサット打ち上げも行われてきた。
    2018年に打ち上げ予定のSTARS-Meは、2機のキューブサットが分離しながら14m程度の金属製ベルトテザーを繰り出して展開し、
    テザーに沿って小型昇降機が宇宙で移動する実証実験を行う予定だ。テザー関連技術だけでなく、
    小型ロボットでもある昇降機の制御や、分離して複数の衛星になるキューブサットの運用技術など、宇宙技術の蓄積を目指す。
    テザー衛星の展開、運用技術は、将来はスペースデブリの除去技術などにも応用が可能だという。
    また、テザー上を移動する昇降機ロボットにリニア駆動方式を取り入れる目標もあり、
    昇降機の開発を進める日本大学 青木義男研究室では、弾道飛行による微小重力環境での昇降機試験などを進めている。


    sorae.jp
    http://sorae.jp/030201/2017_11_24jsea.html

    【【宇宙開発】〈全長3万6,000km〉宇宙エレベーター、2018年に地上と宇宙で実証実験を目指す 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/11/24(金) 19:29:45.62 ID:CAP_USER
    ◆ 地球が平面であることを実証するため、男性が220万円の自作ロケットに搭乗し打ち上げへ

    地球平面説を信じて疑わない米人男性マイク・ヒューズさん(61)。
    彼は地球が球体ではないことを実証するため、一人乗り用の自家製ロケットを制作。
    今週末にも打ち上げを予定しており、地球が平面・円盤状であることを上空から自分の目で確認するようだ。

    ■ 写真
    no title

    no title

    no title


    ヒューズさんは金属のクズを集めて加工、2万ドル(約222万円)足らずで水蒸気エンジンのロケットを制作してしまった。
    全ては地球が球体であるというウソにNOを突きつけるためだ。

    打ち上げ予定地は米カリフォルニア州モハーヴェ砂漠。
    彼は今回のミッションで上空550mの高さまであがり、地球平面説を裏づけるような証拠を集めるのだという。

    ヒューズさんは科学に対して懐疑的な立場をとっているようだ。

    「自分は科学は信じません。私には航空力学や流体力学などの知識はありますが、それらは科学ではありません。
    単なる公式なのです。科学というのはSF(サイエンス・フィクション)と何ら変わりないのです」

    ロケットの打ち上げについては「恐ろしい」としながらも、「それが普通の反応だろう。誰も生きて地球の外に出たことはないのだから」と明言。
    ”人類初”の飛行士として自信を見せている。

    無謀じゃないのかこれw

    ユルクヤル、外国人から見た世界 2017年11月23日
    http://yurukuyaru.com/archives/73756212.html

    【【アメリカ】地球が平面であることを自分の目で確かめるため220万円の自作ロケットに搭乗し高度550メートルまで打ち上げ 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/11/26(日) 21:11:08.98 ID:CAP_USER
    2017年11月26日 08時43分
     政府は、米国と協力して月面の有人探査を目指す方針を固めた。

     米国が2020年代後半に建設を計画している月軌道上の宇宙基地に参加し、日本人飛行士の月面探査を実現したい考えだ。宇宙政策を議論する政府の専門家会合で近く、こうした方針をまとめた報告書案を示す。

     日本にとって、国際宇宙探査に参加することは、科学的な成果を得られるだけでなく、宇宙産業の競争力強化や、宇宙利用分野での主導権確保につながる。

     日本はこれまで、国際宇宙ステーション(ISS)に参加してきたが、ISSは24年までの運用しか決まっておらず、その後は不透明だ。米航空宇宙局(NASA)はISS後をにらみ、新たに「深宇宙探査ゲートウェイ」構想を打ち出した。

    http://www.yomiuri.co.jp/science/20171126-OYT1T50023.html

    【【宇宙開発】日本、月面の有人探査目指す…米基地計画に参加 】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/22(水) 05:37:54.32 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASKCJ3PQPKCJUBQU007.html

     地球から光の速さで約11年離れた銀河系の片隅で、赤色矮星(わいせい)と呼ばれる小さな恒星を回る地球そっくりな惑星が見つかった。生命の存在に欠かせない液体の水や穏やかな環境があるとみられる。過去に見つかった地球によく似た太陽系外惑星の中では、地球に2番目に近いという。欧州南天天文台(ESO)が15日、発表した。

     この天体は、おとめ座の方向にある赤色矮星「ロス128」を回る惑星。ロス128は、質量や直径が太陽の2割以下と小さく、表面温度も太陽の半分ほどしかない。そのため、惑星までの距離は太陽と地球の20分の1しかないのに、惑星の表面温度は熱くなりすぎず零下60度~20度に保たれているという。生命に適した環境があるとされる地球に近い天体には、約4光年離れた惑星「プロキシマb」が知られている。

     研究チームは、南米チリにあるESOの大型望遠鏡で惑星を観測。近くに建設を目指している次世代の超大型望遠鏡(ELT、直径39メートル)で、この惑星の大気を観測し、生命の存在につながる酸素の有無などを調べる計画という。(田中誠士)

    no title

    【【宇宙】地球そっくりな惑星見つかる…距離はたったの11光年 】の続きを読む

    このページのトップヘ