ワールドニュースフラッシュ

日本や海外で起こったニュースを主に取り扱っています。

    カテゴリ: 乗り物

    1: ノチラ ★ 2017/11/02(木) 15:31:20.91 ID:CAP_USER
    小田急電鉄(東京都新宿区)は1日、来年3月からの新ダイヤを発表した。線路を上下線とも2本にする「複々線化」の工事が完了し、都心までの時間短縮や混雑緩和を実現する。東京都内で記者会見した星野晃司社長は「小田急は混んで遅い、というイメージを一新する」と話した。

     複々線化の区間は都内の10.4キロで、1989年の着工から30年近くかけて完了。各駅停車と急行などが別々の線路を走行でき、列車の増便や通過待ちの解消を図れる。ラッシュ時の輸送能力を4割増強し、快速急行を大幅に増やすことでスピードアップも実現。東京メトロ千代田線に乗り入れる電車も増やし、都心の霞ケ関や大手町方面へのアクセスも向上させる。

     ラッシュ時に新宿までかかる時間は、快速急行の停車駅になる登戸駅(川崎市多摩区)で約18分と現行より約9分短縮、海老名駅(海老名市)で約51分と約10分短縮される。大手町までの所要時間も、登戸駅で約33分と約7分短縮、新百合ケ丘駅(川崎市麻生区)で約43分と約9分短縮される。

     都心の鉄道でワースト3位に入っていた混雑も緩和する見通し。朝のラッシュ時に小田急線で最も混むのは、都内の世田谷代田-下北沢間で、現在の混雑率は192%(体が触れあい、やや圧迫感がある状態)だが、新ダイヤでは150%程度(新聞や雑誌を楽な姿勢で読める状態)に改善されるという。

     新ダイヤにあわせ、運転士や車掌、駅係員の制服も一新。同日の記者会見でお披露目された。
    https://mainichi.jp/articles/20171102/k00/00e/020/285000c

    【【鉄道】小田急「複々線化」完了 「混んで遅い」払拭なるか 】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2017/11/30(木) 12:35:37.36 ID:CAP_USER9
    新東名「あおられた」 最高速110キロに潜む問題

     新東名高速の新静岡インターチェンジ(IC)―森掛川IC間(約50キロ)で、乗用車などの最高速度を100キロから110キロに引き上げる試行が始まってから12月1日で1カ月になる。
     便利になると見込まれる一方、大型トラックなどは現行の80キロに据え置かれたまま。
     ドライバーらからは新たな「30キロ問題」への不安の声があがり始めた。

     新東名はもともと最高速度120キロを想定して造られ、片側3車線の区間が多く、運転しやすいと言われる。
     旅行帰りに利用した埼玉県春日部市の会社員高原康志さん(35)は「10キロ上がっただけですいすい進めた。急いでいる人にはありがたい」と話す。

     一方、試行では大型トラックなどの最高速度は上げなかった。
     区間を管轄する静岡県警によると、貨物を載せているため、速度を上げると走行が不安定になったり、制動距離が長くなったりする可能性があることを考慮したという。
     この措置で、乗用車などの最高速度との差は従来の1・5倍の30キロになった。

     京都の運送会社で大型トラックなどの運転手を務める稲森雅幸さん(39)は、この30キロの差を懸念する。
     「今まで十分だった車間距離も速度が10キロ変わるだけであっという間に後ろから来る乗用車に詰められる。より神経を使うようになった」。
     数日前にも区間内で車線変更した際に後続車に急接近され、数百メートルにわたってハイビームであおられたという。
     「のろのろ走っているように見られがちだけど、これ以上はスピードが出ないことを知ってほしい」

     新静岡―森掛川間は事故率の低さもあって試行の対象となったが、県警も速度差の広がりで危険性は高まると認識している。
     対策として、3車線が10キロ以上続く区間では大型トラックなどが通行できる車線を左端に指定。
     乗用車などと「区分」するようにし、案内の標識も新たに設けた。

    朝日新聞デジタル 11/30(木) 11:32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000041-asahi-soci

    【【話題】新東名“110km”1ヶ月、「不安の声」も 大型トラックの最高速度80キロに据え置きで新たな「30キロ問題」  】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/29(水) 13:51:26.89 ID:CAP_USER
    no title

    SUBARU(スバル)は新モデルを公開するのにうってつけの時を選んだ。新モデルの名前は英語で「上昇」を意味する「アセント」だ。

    スバルは自動車業界の羨望(せんぼう)の的となる成長を遂げているが、今週のロサンゼルス自動車ショーで新型スポーツタイプ多目的車(SUV)となるアセントを公開する。米国での月間販売が6年近く連続で増加している同社は、このままいけば2017年に韓国の起亜自動車を追い越す見通しであるほか、現代自動車にも肉薄している。

    アセントはスバルの成功をけん引してきた全輪駆動クロスオーバーの新たなモデルであると同時に、同社のラインアップの大きな空白を埋めることにもなる。約4年前に「トライベッカ」の生産が終了した後、スバルには3列シートのSUVがなかった。

    ミシガン州サウスフィールドにある現代自・起亜・スバル販売店のオーナーであるジョージ・グラスマン氏は電話取材に対し、「スバルが現代自を追い越すことは完全に可能だ」と語った。

    グラスマン氏は、アセントがトヨタ自動車の「ハイランダー」など中型SUVに対する「真のライバル」になると予想。ハイランダーの1-10月の米国販売は17万5000台余り。アセントの販売がこの数分の1にとどまっても、スバルが来年に現代自を追い抜く可能性は十分ある。

    スバルの1-10月の米国販売台数は現代自を約3万2000台下回る。この差は1年前には15万台近かった。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-29/P05MB46S972F01

    【【自動車】スバル、米国販売で現代自追い抜く公算大か-新SUV「アセント」で 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/28(火) 00:58:37.37 ID:CAP_USER
     JR東海は9月末に始めた新幹線の新たなネット予約・チケットレス乗車サービス「スマートEX」について、11月23日時点で約28万人が登録したことを明らかにした。柘植康英社長は年末年始の窓口での予約が本格的に始まるのを前に、「駅窓口にならぶことなく座席予約できるので利便性は高い。年末年始の帰省などの機会に気軽に利用してほしい」と話した。

     スマートEXはトイカやマナカなど交通系ICカードと、クレジットカードの情報を登録すればすぐにネットで新幹線の座席予約ができる。普段はあまり新幹線を使わない観光客や帰省客を中心に利用を見込んでいる。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23946410X21C17A1000000/

    【【鉄道】新幹線ネット予約「スマートEX」登録者28万人に 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [EU] 2017/11/17(金) 12:14:34.94 ID:NO/eRQn20 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
    都心と茨城県を結ぶ「つくばエクスプレス」の列車が20秒早く出発したことを、鉄道会社が謝罪した。
    このことを海外メディアは驚きを持って報じている。

    ■車両が発車した後に「ドアが閉まります」

    11月14日に千葉県流山市の南流山駅に着いた電車。首都圏新都市鉄道によると、
    午前9時44分40秒に発車するはずだったが、9時44分20秒に発車してしまった。

    同社は「大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」と公式サイトで謝罪した。この件で乗客からの苦情はなかったという。

    車両が発車した後に発車を知らせるメロディが鳴り、「ドアが閉まります」のアナウンスが流れた形になったと報じられている。

    ■「ニューヨークの乗客が決して聞くことがないであろう謝罪」と驚愕する新聞も

    この一件を、ソラニュース24(ロケットニュースの英語版)が報じたことを皮切りとなって、海外メディアでも続々と報じた。
    地下鉄の遅延が頻発することで知られるアメリカ・ニューヨークの新聞は、以下のような表現を用いた。

    「20秒ずれたことを、歴史上でもっとも痛切に後悔したのでは」(ニューヨーク・タイムズ)

    「日本の鉄道会社は、ニューヨークの乗客が決して聞くことがないであろう謝罪を出した」(ニューヨーク・ポスト)

    また、イギリスの公共放送BBCのオンライン版は、なぜか新幹線の写真とともに報道。
    このニュースが「ソーシャルメディアのユーザーを驚かせた」として、以下のようなツイートを紹介した。

    「20秒早く出発しただけで謝罪する東京の鉄道会社は、日本の最高の美徳だ」(サンフランシスコのスタン・イーさん)

    「日本の電車の乗ったことがある人は、この話の意味が分かるだろう。なぜかイギリスではあり得ないけどね」(ロンドンのアンディ・ヘイラーさん)




    海外メディアが驚愕 ⇒ つくばエクスプレス、20秒早く出発して謝罪
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/16/tsukuba-express_a_23280224/

    【海外メディアが驚愕 ⇒ つくばエクスプレス、20秒早く出発して謝罪 】の続きを読む

    このページのトップヘ