ワールドニュースフラッシュ

日本や海外で起こったニュースを主に取り扱っています。

    カテゴリ:ビジネス > 金融

    1: ノチラ ★ 2017/12/02(土) 11:08:24.49 ID:CAP_USER
    私は今まで、多くのサラリーマンの資産形成にかかわる仕事をしてきました。サラリーマンというのは決まった給料しかもらえませんが、逆に言えば自営業等に比べれば、やっぱり収入も支出も安定しています。

     普通にまじめに働き、給与天引きなどの手段を使ってコツコツと資産形成をしていけば、多くの人は将来、経済的にそれほどひどい状況になることはありません。ところが、「これをやったら、老後破綻に向けて一直線!」という、「まずい一手」があります。それはいったい何かと言うと、「退職金で投資デビュー」です。

    ■みんな、退職金に対して大いなる勘違いをしている

     サラリーマンの中には、退職金をもらえる人たちが少なからずいます。逆に言えば、会社によって制度は違うので、退職金のない会社もありますし、制度も会社によって少しずつ異なりますから、誰もが同じくらいの退職金をもらえるわけではないのは、言うまでもありません。

     しかしながらアメリカと違って退職金という制度は長い期間にわたって日本に根付いている制度ですから、なじみのある制度であることは間違いないでしょう。

     ところが、多くの人が退職金というものの本質を勘違いしています。それは退職金が長年働いてくれたことに対して会社がくれる“ご褒美”だと思っていることです。

     確かに、そう勘違いするのも無理はありません。

     もともと退職金のルーツは江戸時代の「のれん分け」です。「のれん分け」というのは、長年働いた奉公人に屋号の使用許可といくばくかの開業資金を与えて独立させる仕組みで、これが現代の退職金につながってきているからです。

    ■「現代の退職金は、給料の後払い」と言える理由

     したがって退職金には、もともと功労報酬的な意味合いがありました。しかしながら、現代の退職金は決して長年働いたことに対するご褒美ではありません。

     退職金の本質、それはひとことで言えば「給料の後払い」です。その証拠に、企業会計上においては、退職金や企業年金のことを「退職給付債務」と言います。そう、給料の後払いだからこそ、会社が社員に対して負っている債務ということになるのです。
    以下ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171202-00199369-toyo-bus_all

    【【経済】「退職金で投資デビュー」は老後破綻への道 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/01(金) 00:42:29.55 ID:CAP_USER
    日本銀行の中曽宏副総裁は29日の都内での講演で、「適正な対価を求めずに銀行が預金口座を維持し続けるのは困難になってきている」と述べた。超低金利などで銀行経営は厳しく、預金者に新たな負担となる「口座維持手数料」を求めるのも検討対象になる、との趣旨だ。「適正な対価について国民的議論が必要だ」とも述べた…
    http://www.asahi.com/articles/DA3S13251547.html

    【【金融】口座維持手数料「対価の議論を」 日銀・中曽副総裁 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/11/29(水) 14:21:42.15 ID:CAP_USER
    麻生太郎財務相は29日午前の参院予算委員会で、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)について、「どれだけノウハウがあるのか。金を借りた方もちゃんと計画を立てて返済しないと、サラ金に取り込まれちゃうみたいな話になった場合、元も子もない」と懸念を示した。
     
    麻生氏は「金を貸した経験のない人が急に貸すという話だ。わたしどもはお手並み拝見と思ってみている」と指摘した。


    (2017/11/29-12:11)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112900709&g=pol

    【【AIIB】麻生財務相、AIIBの「サラ金」化懸念=参院予算委】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/28(火) 19:33:00.83 ID:CAP_USER
    日本弁護士連合会によると、同連合会に相談した銀行カードローンの債務者のうち、年収の3分の1を超える額を借り入れている人が全体の52%にのぼることがわかった。消費者金融など貸金業者には年収の3分の1までしか貸せない総量規制があるが、銀行は対象外。日弁連はこれが「貸し過ぎ」の要因になっていると指摘している。

     同連合会が8月に実施した「全国一斉銀行カードローン問題ホットライン」の電話相談351件の結果をまとめた。年収の3分の1を超えて借り入れている人のうち、年収の8割以上の金額を借りた人は11%、収入がない人も4%いた。

     債務者の内訳は60歳代が32%と最も多く、50歳代が20%で続いた。借入時に収入証明書を提出しなかったとの回答は53%で、半分以上を占めた。

     全国銀行協会は3月の申し合わせで、融資審査の厳格化や広告の抑制など、銀行の過剰融資抑制に向けて動き出した。来年1月には各行が即日融資を停止する方針だ。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23993500Y7A121C1EE9000/

    【【金融】銀行カードローン借入額、「過半数が年収の3分の1超」 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/27(月) 13:50:47.36 ID:CAP_USER
    「支払いはスウィッシュで。クレジットカードより便利だから」。スウェーデン・ストックホルム南部の駅前の路上。通行人に雑誌を売っていたホームレスのラスさん(73)は笑顔で呼びかけた。「スウィッシュ」はスウェーデンの大手6銀行が共同運営するスマートフォンの決済アプリ。ラスさんが首にかけたカードに記された携帯電話番号にメッセージを送れば、支払い完了だ。一方、すぐ近くで「施し」を求めていた物乞いの男性(48)が持つ紙コップには、通貨クローナは一枚もなかった。「みんな現金を持たなくなったんだ。外国人がくれるユーロが頼りだよ」。男性はうつろな目でつぶやいた。(3面に「鳴動フィンテック」)

     2012年に運営を開始したスウィッシュは、携帯番号と銀行口座がひも付けされ、店での支払いや個人間の…
    https://mainichi.jp/articles/20171127/ddm/001/020/195000c

    【【国際】スマホ決済、現金消えた スウェーデン、パンも献金も 】の続きを読む

    このページのトップヘ