ワールドニュースフラッシュ

日本や海外で起こったニュースを主に取り扱っています。

    カテゴリ:ヨーロッパ > イギリス

    1: プティフランスパン ★ 2017/12/08(金) 15:30:46.24 ID:CAP_USER9
    ロンドンの実在しないレストラン、口コミ旅行サイトで格付けトップに
    2017年12月8日 11:02 発信地:ロンドン/英国
    http://www.afpbb.com/articles/-/3154626
    no title

    スペイン・マドリードで行われた世界の観光推進組織が集まるイベントに参加したトリップアドバイザーのブース(2014年1月22日撮影、資料写真)(c)AFP/GERARD JULIEN

    【12月8日 AFP】ロンドンで「最も行きたい」レストランに格付けされた、裏庭の物置小屋を改装したレストランが実は存在していなかったことが分かった。
    世界最大級の口コミ旅行情報サイト「トリップアドバイザー(TripAdvisor)」が7日、明らかにした。

     ロンドン南部の裏庭レストラン「ダリッジの小屋(The Shed at Dulwich)」は、招待された客に
    「情欲・ウサギの腎臓のトーストのせ」、
    「共感・ビーガン向けアサリのスープ」、
    「熟考・分解されたアバディーンビーフシチュー(Aberdeen stew)」
    など、気分や感情を表す単語から考え出されたメニューを写真付きで紹介した。
    しかし実際には、漂白剤の錠剤、シェービングクリーム、光沢仕上げ塗料、さらには人の足に載せた目玉焼きなどを撮影して作った写真だったという。

     読者をいたずらニュースで面白がらせる目的で運営されているウェブサイト「vice.com」の寄稿者でフリーランス・ライターのオオバー・バトラー(Oobah Butler)氏は
    「ある日小屋の中で急に思いついたんだ。偽情報があふれる中、偽レストランもあっていいだろう、と。」

    「ダルウィッチの小屋」は掲載当初、格付けが最低の1万8149位だったが、複数のコンピューターからトリップアドバイザーの監視をくぐり抜けて寄せられた偽のレビューのおかげで人気が上昇した。

     同レストランは掲載から6か月でロンドンのレストランの中で1位にランク付けされ、予約したい客や広告会社、メディアの取材などの依頼が殺到。
    仕方なく「開店」し客を安価なスーパーの調理加工済み食品でもてなしたという。

    【【ロンドン】実在しないレストラン、口コミ旅行サイトで格付け1位に…予約が殺到し、仕方なしに「開店」し客をもてなす 】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/03(日) 07:37:07.54 ID:CAP_USER9
    英ロンドンで酸を使った襲撃が増加、高まる不安
    2017年12月2日 17:07 
    http://www.afpbb.com/articles/-/3153902

    【12月2日 AFP】配達の仕事をしていたジェーブド・フセインさんはある夜、ロンドン東部の街角で信号待ちをしていたところを2人組に襲われ、顔に酸をかけられて乗っていたバイクを盗まれた。
     ロンドンでは酸を使った襲撃が毎年数百件起きており、政府が対策に乗り出している。警察も酸攻撃の急増に対処するため、一般市民に協力を呼び掛けている。

     ロンドン市内での酸による襲撃は、2014年の166件から、15年には261件、昨年は454件に急増している。
     フセインさんはヘルメットをかぶっていたため顔は保護され、外見的な傷は残っていない。
     だが、先月、ロンドン北東部で襲われたピザ配達のドライバーはそれほど運が良くなかった。このドライバーの男性はヘルメットのバイザーを上げていた際に酸をかけられ、重体となっている。(c)AFP/Rosie SCAMMELL

    【【新たなテロ】英ロンドンで酸を使った襲撃が増加、高まる不安 】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2017/12/02(土) 23:56:54.06 ID:CAP_USER9
    「カスペルスキー」使用停止に
    英政府、ネット侵入懸念

     【ロンドン共同】英政府は2日までに、安全保障に関わる情報を扱う政府機関に対し、ロシアの大手情報セキュリティー会社「カスペルスキー研究所」のウイルス対策ソフトを使用しないよう通達した。
     英BBC放送などが伝えた。

     同社はロシア政府と関係があるとされ、これまでも製品を通じてロシア政府がネットワークに侵入する恐れがあると指摘されており、米政府が9月に製品の使用を停止するよう政府機関に通達していた。

     英国の国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)は一方で、現段階で差し迫った危険はないとして個人や一般企業については使用停止を求めないという。

    共同通信 2017/12/2 23:51
    https://this.kiji.is/309703725398770785

    【ロシア、イギリス政府のシステムをサイバー攻撃か?】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/11/30(木) 12:33:51.32 ID:CAP_USER
    ◆ イギリスで「自分は無宗教だ」とする成人の数が過半数を上回り過去最高に

    イギリスで社会調査を行っている国立社会調査センター(National Centre for Social Research)が発表した信仰している宗教に関する調査によると、現在イギリスで何の宗教も信じていないという人の割合が、半数以上の53%に達したという。
    2015年の調査の48%から5%増えたことになる。
    「無宗教」は特定の宗教を信仰しない、または信仰そのものを持たないという思想のことで、神の存在すら存在しないという「無神論」とは違うと解釈されている。

    ■ 減っていくイングランド国教会支持者

    イギリスでは、無宗教の人の割合は、調査を始めた1983年当初に31%だった数字が、それ以降徐々に上がってきていている。
    特定の宗教を信仰している人の数が減っていることは、特にキリスト教であるイングランド国教会に大きな打撃を与えている。
    自分はイングランド国教会派だと考えている人はわずか15%で、2000年の半分になってしまったそうだ。

    ■ 特に顕著な若年層の宗教離れ

    宗教を信じる人の減少は、特に若い人たちの間で顕著になっている。
    2016年には、18~24歳の若者の71%が、なんの宗教も信じていないと答え、2015年の62%から増えている。

    2015年から2016年にかけて、すべての年齢層で宗教を信じている人の数は減少しているが、高齢者はまったくの無信仰という人はやはり少ない。
    65~74歳の4割は無信仰だと言うが、75歳以上になると27%とぐっと減る。

    だが、イングランド国教会を信じる若者は特に少ない。
    18~24歳でイングランド国教会派だという人はわずか3%で、75歳以上の40%に比べると非常に低い。

    ■ リベラル化が進むイギリスの現状。

    国立社会調査センターのロジャー・ハーディングは、この状態は、長期的に宗教乖離がますます進む傾向につながると言っている。
    年齢による信仰心の違いははっきり分かれ、多くの若者は相変わらず無宗教で、この傾向がすぐになくなるとは考えにくい。

    イングランド国教会信者数の減少がもっとも顕著だが、こうした数字はあらゆる宗教団体リーダーを考え込ませてしまうはずだという。
    信心深い人たちの間でも同性愛や中絶といった問題に社会的にますますリベラルになっているという。
    信者数の減少を受けて、宗教の指導者たちは、新しい社会の変化に適応していくよう信者たちを主導していくために、考え方ややり方を変える時期が来ているのかもしれない。

    no title


    カラパイア 2017年11月29日
    http://karapaia.com/archives/52249770.html

    【【イギリス】「自分は無宗教だ」とする成人の数が過半数を上回り過去最高に 】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★ 2017/11/26(日) 23:39:04.46 ID:CAP_USER
    1997年に兵庫県神戸市で起こった当時14歳少年による「連続児童殺傷事件」は日本中に衝撃を与えたが、イギリスでも1993年に国民を震撼させる事件が発生していた。当時2歳の男児を誘拐し殺害した犯人は、なんと10歳の少年2人であった。その後少年2人には新しい身分が与えられていたが、1人は2010年に再逮捕され、このたび35歳で再び刑務所に引き戻された。英メディア『The Sun』『Metro』『Mirror』などが伝えている。

    イギリス全土に大きな衝撃を与える事件が起こったのは、1993年2月12日のことだった。学校を無断欠席してマージーサイドのブートルにあるショッピングセンターを訪れたジョン・ヴェナブレスとロバート・トンプソンは、食肉店で買い物中の母親を店の外で待っていた当時2歳のジェイムズ・バルジャー君(日本では「ジェームス・バルガー事件」として表記される)をショッピングセンターの外へ連れ出した。

    その後、2人はジェイムズ君と約4km歩き、人気のない水路でおよそ10kgの鉄の棒や煉瓦、石でジェイムズ君を殴打、そのまま線路に放置した。ジェイムズ君は失踪から2日後に身体が切断された形で発見されたが、この残虐な事件の犯人が10歳の少年2人であったことに世間は驚き大きなショックを受けた。

    裁判では無期懲役を求刑されたものの、2001年に18歳で釈放となった2人には新しい身分が与えられ、法と社会の保護のもと新たな生活を送ることが許された。ところがヴェナブレスはその後、犯罪を繰り返すことになる。

    ヴェナブレスは2008年にコカイン所持と喧嘩で逮捕され、2010年2月には自宅で児童ポルノ写真を所持していたことから児童ポルノ規制法違反で2年の有罪判決を受けた。2013年に仮釈放の身となった後は再び身分を変え、英北部のとある場所に暮らしていると言われていた。

    現在35歳になるヴェナブレスは再犯の事実から要注意人物として保護観察対象となり、定期的に警察の訪問を受けていた。しかし先週、自宅のラップトップパソコンに児童虐待画像を保有していることがわかり再び逮捕された。
    ※続きはソースをご覧ください。
    japan.techinsight
    2017.11.26 14:54
    http://japan.techinsight.jp/2017/11/ellis08451123.html

    【【イギリス】世間を震撼させた幼児殺害事件の加害者少年、児童虐待画像の所持で再々逮捕 】の続きを読む

    このページのトップヘ