1: しじみ ★ 2017/11/30(木) 02:18:56.50 ID:CAP_USER
音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

南カリフォルニア大学の研究により、
「音楽を聴いて鳥肌が立つ」経験をできるのは人口のごく一部しかいないことが明らかになった。
ほとんどの人の脳ではニューロンと「音楽による鳥肌」がリンクしていないため、この現象を体験できないという。

ハーバード大学在学中からこの現象について研究を続けているMatthew Sachsによると、
これを体験する人々の脳内の構造は特殊で、彼らの聴覚皮質と感情処理機能を接続する神経繊維は、
一般のそれよりも密度が高いのだという。

現段階では、この高密度の神経繊維が存在する理由については未解明だが、
これが存在するという発見自体が革新的なものであるとSachsは述べている。 彼は以下のように話している。

「私たちの発見は、報酬系への知覚アクセスにおける神経基盤が個々によって異なっていることの最初の証拠を提示しています。
またこの発見により、外的事象と感情との聴覚を経由したコミュニケーションが音楽というものを
人間にとっての審美的な報酬にしているという進化の原理が示唆されるのです。」

また、南カリフォルニア大学・Brain and Creativity Instituteの研究助手である
Der Sarkissianはこの「鳥肌」現象についてNeuroscience Newsで以下のように描写している。

「呼吸が曲のペースに合っているような感じがして、心臓の鼓動が遅くなり、曲にさらに集中している感覚になります。
心も身体もその曲に反応している感じです。」

(ちなみに、ここでこの反応を誘発している曲は、Radioheadの"Nude"だったという。)

Sachsによると、この連動は感情回路自体の強いつながりを示しており、
このような強い感情の反応は音楽だけに限られたものではないともしている。
一方、多くの神経繊維を持っていたとしても他の報酬(金銭など)では反応を見せるものの音楽に対しては
反応が出ないケースもあるという。

現在のところ人口の何パーセントがこのような高密度の神経繊維を持っているかは明らかになっていない。
Sachsの準備段階の研究では調査対象の人数に制限があったことも理由の一つだ。
現在、彼は南カリフォルニア大学でPhD課程の中で研究を続けているということなので、続報を待ちたい。

また、この発見が鬱病の治療にとっても重要な影響を与える可能性についてもSachsは言及している。
鬱病はあらゆる物事における喜びを感じる機能を不全にするということから、
音楽が患者の喜びの感情を開発する役割を担う可能性があるとしている。

Via: Social Cognitive and Affective Neuroscience , Digital Music News

fnmnltv
http://fnmnl.tv/2017/11/28/42506?articleview=more

SPONSORED LINK

7: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 03:26:40.56 ID:np1j114o
>>1
感受性の解明に近づいたか

20: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 08:31:10.18 ID:MUD9xeNG
>>1
ジャンルを問わずあるぞ‼

21: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 08:32:21.40 ID:MUD9xeNG
>>20
今の嫁のカラオケでもなったわw

40: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 11:11:19.29 ID:hDDj+P01
>>1
鳥肌もあるけど、
一番なのは、脳がぐるぐる回される感覚
あの浮遊感、気持ち良さに出会えただけでも、生まれてきて良かったと思える、そんな至福の時
自分の場合は、一人のミュージシャンの、特定のインスト数曲に対してだけの現象
中毒性があるのでしょっちゅう聞きたいが、さすがに耐性ができるのか感度が鈍くなるので
ここぞというときにとっておく
ライブにもよく行ってたが、去年突然亡くなってしまった
素晴らしい才能に感謝、そしてそれに感応できる身体を神様ありがとう

4: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 02:48:54.33 ID:vrNul9mK
え?これマジ?
マジならまさにこれだわ。
誰にでもあるとばかり思ってた。

5: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 02:52:56.91 ID:5nyGu2wp
おかあさんのカラオケを始めて聞いた時
上手くて鳥肌たった。
それ以来ないわ

13: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 07:53:29.91 ID:nqkOYFVV
「感動する」「うっとりする」「楽曲にほれ込む」「感動のラストシーンの音楽で涙が増強されて出てくる」といったことと、
狭義の「鳥肌」自体とはまた違うだろ どの部分を言っているのか

鳥肌自体は
>>5
ボーカル系でありそうだな 歌の上手い人間がバラードを生で目の前で歌い上げるとか
逆に、美空ひばりが至近距離で空気震わせながら歌って、鳥肌の立たないやつがいるのか

逆にこの「空気を震わせて」とか、「わずかにドスを聞かせて」、高音オペラ歌手なら「わずかにヒステリックに警告音的にも聞こえて」
といった点への単純反応の可能性 

6: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 03:22:15.13 ID:nDzYqzJX
ラジオでよく鳥肌がたったとメールが紹介されるけど、ラジオ局の自演だったんだな

8: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 03:32:51.04 ID:zxtwpAF8
感性の神経科学的基盤の解明への道が、また一つ拓けたのだな。

10: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 07:42:23.26 ID:ayPLoa/D
音楽で感動する経験が思い出せるようであれば誰でもおきるだろ、こんなもん

12: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 07:48:38.25 ID:v/dbQc9U
https://youtu.be/f98328kHqJg


イントロと

https://www.youtube.com/watch?v=46VEnVL10IU#t=3m


段々盛り上がって行く感じ

鳥肌

57: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 12:27:00.62 ID:PpQUnLsT
>>12
高中の指って凄く無駄のない滑らかさで
チョーキングやビブラートで観衆を逝かすんだよな

15: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 08:00:17.62 ID:/gptgtk0
歴史秘話ヒストリアの初期のopを聞くと必ずなる。今のはキーが下がったから全くならない。

66: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 15:13:15.75 ID:O0it5cvK
>>15
わかるわ。カラフィナのstoriaだろ。
magiaもおすすめ。

16: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 08:08:20.02 ID:s/NptXH1
特殊な脳の構造をもった少数が「俺は機能的にお前らより優秀なんだぜ」と
その特殊な構造を持っていない人たちを見下してた、ってことかな。

18: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 08:23:11.72 ID:5EX8jUTK
みんなそうだと思っていたが、
もしかしたら、鳥肌がたつような感覚になっていただけで、
物理的に鳥肌がたつ者は少ないということなのか?

23: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 08:36:40.70 ID:iAlzcouZ
ここまで鳥肌実なし

27: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 09:14:17.25 ID:S1kSaw+E
背中から耳の裏にかけてゾクゾクッと来る

それのせいか耳の周りのカットが大変な事になるw

31: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 10:04:42.70 ID:RJYLYxno
ゲームや映像の音楽だと、音楽を聴くと鳥肌の間に脳でワンクッション入ってるかな

34: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 10:30:07.48 ID:I0rtOvC8
え?
鳥肌が立つってほんとに立つのか…
文語的表現かと思ってたわ(腹が立つみたいに)

35: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 10:32:33.86 ID:yOxlKAd3
そうなんか
音楽に限らず、感動したら勝手に鳥肌が立つけど
感動した時の情感を思い出して、何時でも鳥肌が出せる
それって普通は出来ないのか?

37: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 10:44:39.49 ID:NB6WpQA6
いやいやみんな普通にあるだろ…
無い人居るの?

38: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 10:47:34.39 ID:VY9Heo72
>>37
俺は無いよ
黒板とかキーッっとやるのは違うよね?

45: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 11:44:16.92 ID:5EX8jUTK
>>38
黒板のキーでも実際には鳥肌はなかなか立たないものらしいよ
ざわざわする感覚やゾクゾクする感覚、寒気みたいな感覚、
身の毛もよだつ感覚等々色々あるみたいだ。
日本人の感覚としては上記の様々な状態を総じて「鳥肌が立つ」と表現し、
寒気みたいな感覚がして思わず腕をさすることもあるが、
実際に鳥肌が立っているか否かまた別なんだと。
今ちょっと聞いてきた。

39: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 10:51:22.63 ID:QbSxVKl7
メロラインと歌唱力もそうだが、コード進行とかグルーヴがヤバくても鳥肌立つ

42: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 11:26:26.14 ID:In8KRtXC
鳥肌立ったことは無いけど気付いたら涙が流れてたことはある
最近だとトーマス・ツェトマイヤー演奏のパガニーニ作曲24の綺想曲を聴いたときだな

47: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 12:00:12.54 ID:Ps+1X4pB
コンサート行くと、有名な曲のイントロだけでグワーンと盛り上がるじゃん
イントロなのか歓声なのか分からないけど、皆鳥肌だと思うよ

48: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 12:07:28.27 ID:TEtoooTy
特にキライやないけど、音楽で感動した事無いわ…
この世から音楽無くなっても良いと思ってる

51: 名無しのひみつ 2017/11/30(木) 12:12:42.08 ID:G+yo4amP
鳥肌というよりは感動といった方が適切だろう。誰でもとはいえないが、音楽を聴いて感動した経験のある人は多いだろう。
だが、あまり音楽に興味がない人もかなりいる。一種の感受性の問題だろう。
感動はなにも音楽だけでなく、人生における経験でも感動することはあるし、テレビドラマを見て感動することもある。
感動には一種のカタルシス効果があるので精神的にもよい効果がありそう。




引用元:【神経学】音楽を聴いて〈鳥肌〉が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果