ワールドニュースフラッシュ

日本や海外で起こったニュースを主に取り扱っています。

    1: プティフランスパン ★ 2017/12/08(金) 15:30:46.24 ID:CAP_USER9
    ロンドンの実在しないレストラン、口コミ旅行サイトで格付けトップに
    2017年12月8日 11:02 発信地:ロンドン/英国
    http://www.afpbb.com/articles/-/3154626
    no title

    スペイン・マドリードで行われた世界の観光推進組織が集まるイベントに参加したトリップアドバイザーのブース(2014年1月22日撮影、資料写真)(c)AFP/GERARD JULIEN

    【12月8日 AFP】ロンドンで「最も行きたい」レストランに格付けされた、裏庭の物置小屋を改装したレストランが実は存在していなかったことが分かった。
    世界最大級の口コミ旅行情報サイト「トリップアドバイザー(TripAdvisor)」が7日、明らかにした。

     ロンドン南部の裏庭レストラン「ダリッジの小屋(The Shed at Dulwich)」は、招待された客に
    「情欲・ウサギの腎臓のトーストのせ」、
    「共感・ビーガン向けアサリのスープ」、
    「熟考・分解されたアバディーンビーフシチュー(Aberdeen stew)」
    など、気分や感情を表す単語から考え出されたメニューを写真付きで紹介した。
    しかし実際には、漂白剤の錠剤、シェービングクリーム、光沢仕上げ塗料、さらには人の足に載せた目玉焼きなどを撮影して作った写真だったという。

     読者をいたずらニュースで面白がらせる目的で運営されているウェブサイト「vice.com」の寄稿者でフリーランス・ライターのオオバー・バトラー(Oobah Butler)氏は
    「ある日小屋の中で急に思いついたんだ。偽情報があふれる中、偽レストランもあっていいだろう、と。」

    「ダルウィッチの小屋」は掲載当初、格付けが最低の1万8149位だったが、複数のコンピューターからトリップアドバイザーの監視をくぐり抜けて寄せられた偽のレビューのおかげで人気が上昇した。

     同レストランは掲載から6か月でロンドンのレストランの中で1位にランク付けされ、予約したい客や広告会社、メディアの取材などの依頼が殺到。
    仕方なく「開店」し客を安価なスーパーの調理加工済み食品でもてなしたという。

    【【ロンドン】実在しないレストラン、口コミ旅行サイトで格付け1位に…予約が殺到し、仕方なしに「開店」し客をもてなす 】の続きを読む

    1: 胸糞注意@ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/08(金) 14:22:46.29 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/smp/premium/news/171208/prm1712080004-s1.html

     「1人でいられる『隅っこ』がほしい」。同居する母親の首に背後からヒモをかけ絞め殺した男は、こう書き残して群馬県高崎市棟高町の自宅に火を放った。11月22日、前橋地裁の鈴木秀行裁判長は、殺人と非現住建造物等放火の罪に問われた無職、湯本直木被告(41)に懲役11年を言い渡した(求刑20年)。犯行は「冷酷で悪質」と指弾されたが、裁判長は「我慢の連続で辛かっただろう」とも口にした。公判で明らかになったのは、育児放棄して出奔し、約20年後に舞い戻った身勝手な母親と息子との、やり切れない葛藤の記録だった。

     「記憶にない人」。湯本被告は母親のことを、そう語った。

     生まれて、ほどなく母親は被告と3歳上の兄、そして夫の3人を残し、出奔(しゅっぽん)した。その後、離婚が成立、父親は5歳になった湯本被告を、祖父母らが暮らす母親の実家(高崎市)に押しつけるようにして置いて、去った。「警察を呼べ」。祖父が叫ぶほど、有無を言わせぬ対応だったという。

     「お前は、この家の子ではない」。幼い頃、祖母にそう言われたこともある。20歳で家出した母親が勝手に夫と結婚し、被告らを産んでいたせいもあるだろう。小学生になって、祖父母と名字が異なることをからかわれ、引け目も感じた。

     「なぜ育ててくれないのか」。父も母もいない境遇に、物心ついた頃、浮かんだ言葉を湯本被告は、法廷でも吐きだしている。

     こんな幼少期を経て内気な少年になった被告に、祖母も「高校くらいは行け」と地元の農業高校進学を進めた。だが、なじめず半年で退学。在学中に経験したアルバイトも「人と接することができない」と1日でやめている。社会に順応できず以後、犯行までの25年間、働かず、外出は買い物程度で家に引きこもる生活が続いた。

     平成11年、出奔した母親が突然、実家に戻った。22歳になっていた湯本被告には衝撃だった。すでに祖父は亡くなり、祖母と2人暮らし。母を名乗る中年女性は、ただの「記憶にない人」で、「突然、現れ、ショックで絶望感のようなものを感じた」。

     しかも「身勝手で、自分のことしかやらない」(湯本被告)母親は、アルバイトのチラシを配らず家に持ち込み散乱させるなど「好き放題に汚した」(同)。きれい好きな被告は反発したが、母親と衝突したのは祖母だった。もともと「反抗的で社会性がない」(親族)母親は、実家に戻ってからも祖母と、しばしばぶつかり、15年には、祖母をいたぶる母親の顔を被告が殴打し続け、傷害容疑で逮捕されている(執行猶予付き判決)。「(直木は)私をかばったんだ」。後に祖母は親族に語り、被告を擁護したが、事件後、被告は母親と一切、口をきかなくなった。

     決定的だったのは25年3月、祖母が介護施設に入り、母との2人暮らしが始まったことだった。土地を貸すなどして得ていた月15万円ほどの収入は母親が握り、祖母から受け取っていた月1万円ほどの小遣いもなくなり、母親は1円も被告に渡さなかった。被告側弁護士によると、湯本被告は貯めた小遣いと叔母から受け取った5万円で犯行までの約3年半、細々と食いつないだという。

     家事の担い手がいなくなり、放置された食べ物にカビがはえ、信じられないことに母親は浴室に排泄したこともあったという。後始末で腹をたてても、口を開くことはない。黙って処理するうちに、被告の中の負の感情が膨らんでいったとみられる。

     それが、一気に爆発したのは昨年11月18日の午後、きっかけは母親のずさんな料理だった。母親は、よくガスコンロの上に薄い餅網を置き、その上で魚を焼いた。魚の脂で網もコンロも脂やススだらけになるが、後片付けもしない。片付けは被告の役だったが、この日は16日から3日連続の魚料理で、いずれの日もサンマだった。

    続きます

    【自分の母を殺した殺人犯に同情の声多数・・・一体何があった?】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/12/08(金) 13:04:46.50 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00010001-flash-peo

    <板(編集部注・JR板橋駅)にて常連達が一斉に確保w>
    <やりすぎでしょ「気持ちいいんだろ~」なんて声聞こえて来たぞ馬鹿なんじゃねえの>

    7月19日夜、インターネットのある「痴漢掲示板」にこんな書き込みがされた。その数十分前、
    4人の容疑者はまさにこの掲示板の書き込みを参考にして埼京線に乗り込んだ。

    JR埼京線内にて集団で痴漢を働いた容疑で逮捕されたのは、齊藤祐輔容疑者(35)ら4人。
    7月に一人の20代女性を取り囲み、代わる代わる女性の服の中に手を入れてまさぐった疑いだ。
    手についた繊維痕や、防犯カメラの解析など、慎重に捜査を進め逮捕に至った。

    そのうちの一人、齊藤容疑者は京大卒のIT企業役員という “エリート街道まっしぐら” の男だった。
    警察の調べに対し齊藤容疑者は、「周りの乗客が女性をさわっているのを見て、ムラムラした」
    と供述している。

    齊藤容疑者は神奈川でトップクラスの進学高校を卒業後、京都大学の理学部に進学。
    同大大学院を中退後、スマホアプリ開発会社を経て2014年に現在のIT企業に入社する。

    プロジェクトマネージャーとして手腕を発揮し、社員100人を超えるこの会社で2016年には
    技術部門の役員である最高技術責任者(CTO)への就任を果たした。同社の社員が語る。

    「逮捕を報道で知り、驚いているところです。11月30日付で懲戒解雇処分になりました。真面目で信頼もあった」

    齊藤容疑者の親族は本誌の取材に対し、悲痛な思いの丈を語った。

    「今までそんな性癖があるとは知りませんでした。被害者の方が、祐輔を許せないと思い、
    殺してしまっても構いません。そうされても仕方ないようなことをしてしまった。本当に申し訳ない
    気持ちでいっぱいです」


    https://lpt.c.yimg.jp/im_siggHxZdFpveVvJ6cz5L1ZqeTQ---x900-y711-q90-exp3h-pril/amd/20171208-00010001-flash-000-view.jpg

    【【社会】「集団痴漢」で逮捕された京大卒IT企業役員の親族、「殺してもらって構いません」 】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/08(金) 08:38:50.48 ID:CAP_USER9
    コンビニに使用済みペットボトル回収機 協力でポイント付与
    12月8日 4時27分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171208/k10011250621000.html

    使用済みのペットボトルのリサイクルを進めるため、環境省などは、コンビニエンスストアにペットボトルを回収する専用の機械を設置し、回収に協力した人に、買い物に使えるポイントを付与する取り組みを本格的に始めました。
    この取り組みは、使用済みのペットボトルの国内でのリサイクルを進めるため、環境省とコンビニ最大手のセブンーイレブン・ジャパンが7日、本格的に始めました。

    東京・千代田区の店舗にはペットボトルを回収する専用の機械が設置され、キャップとラベルを外した空のボトルを入れると、自動で圧縮し、およそ150本保管することができます。

    また、回収に協力した人には買い物に使えるポイントが付与されます。会社は、回収したボトルをリサイクル業者にすべて持ち込み、新たなペットボトルに再生させることにしていて、圧縮することで運搬の回数が減り、二酸化炭素の排出量を削減できるとしています。

    専用の機械は、来年2月末までに都内と埼玉県内の合わせて300店舗に設置される予定です。

    買い物に訪れた女性は「ポイントがたまるのがうれしいし、環境のために協力している気持ちにもなります」と話していました。

    環境省リサイクル推進室の小笠原靖室長は「身近なコンビニで回収することで、資源の循環と二酸化炭素の排出量の削減をより進められる。ほかのコンビニにも参加を呼びかけていきたい」と話していました。

    【【環境】コンビニに使用済みペットボトル回収機 協力でポイント付与 来年2月末までに都内と埼玉県内300店舗に設置予定 】の続きを読む

    このページのトップヘ